HOME>イチオシ情報>汚れを放置していると電気代がかかってしまう

プロの手による清掃

エアコン

飲食店やオフィスで使用する業務用エアコンは、こまめに掃除をしていてもホコリや汚れが溜まりやすくなってしまうという特性があります。通常の家庭用エアコンに比べて構造が複雑であるため、素人が掃除を行ったとしても限界があるのです。そこで、沖縄でエアコンの取り付けから清掃まで一連の作業をすべて引き受けている業者に任せることで、手が届かない部分まで完璧な清掃を依頼することができます。綺麗に業務用エアコンを掃除するためには、部品を取り外す必要があるので、プロに任せたほうが中まで清掃することができます。洗浄に際しては分解洗浄が基本であり、洗浄が終わり次第、水分を拭き取って取付作業を行います。解体から取り外しの流れはプロでなければできない仕事です。素人がやろうとしても思うようにスムーズに取り外しからセッティングまでを行うことは難しいので、プロに依頼しましょう。

カビを防いで清潔に

エアコン

業務用エアコンを定期的に清掃する理由の一つには、カビを防ぐことにあります。カビは設置後1年ほどで発生し、そのまま放置すると故障の原因にもなります。また、飲食店で使用する業務用エアコンでは、油やタバコの煙などにより汚れやすくなります。汚れがたまるとエアコンの熱交換率がぐっと高くなってしまうというデメリットがあります。熱交換率が高くなるとそれだけ余計な電力を必要とするため、電気代がかさんでしまうのです。電気代を極力節約したいのであれば、定期的に沖縄の業者に依頼して業務用エアコンを清掃することが大切です。可能であれば、1年から2年ごとに沖縄のクリーニング業者に依頼すれば、故障やカビを防ぐことが可能です。

広告募集中